スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発(産経新聞)

 政府は14日、予定していた平成23年度の一般職国家公務員の新規採用に関する閣議決定を見送った。すでに21年度(9112人)比で半減させる方針を固めているが、閣僚から異論が出たため、18日以降の閣議に先送りせざるを得なかった。民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で「国家公務員の人件費2割削減」を掲げている。このため、新規採用の抑制自体に異論は少ないものの、各省庁が自らの削減には反対する「総論賛成、各論反対」の様相が鮮明になってきている。

 菅直人副総理・財務相は14日の記者会見で「財務省としては基本的な方向は了解している」としながらも「国税(庁)の徴税人員(数)を急激に下げると税収にマイナスの影響を与える」と述べた。千葉景子法相も「法務省は人で成り立っている。数字だけで簡単にいかない」と不快感を表明。さらに「人がいないからといって、まさか刑務所を開放してしまうわけにはいかない」と述べた。

 これに対し、新規採用削減策を進める立場の原口一博総務相は「事務方で詰められなければ、閣僚間で折衝する」と述べた。

 鳩山由紀夫首相は4月27日、各閣僚に新規採用を半減させる方向で調整するよう指示。政府内では、キャリアと呼ばれるI種と本省II種の新規採用については2割抑制▽地方出先機関や高卒で受験できる本省III種は8割抑制▽国税専門官や刑務官など専門職種は5割抑制といった削減目標をつくり、閣議決定を目指していた。

【関連記事】
手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは志望の若者に
公務員採用半減 安易すぎる数合わせ対応
首相、国家公務員採用の半減を指示
平成23年度の国家公務員採用を抑制 総務相が表明
財務省、来春内定者のキャリア職女性採用は1人
少子化を止めろ!

不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
介護保険、ドラマで区民に周知―東京・豊島区(医療介護CBニュース)
JR日豊線に置き石、特急止まる=大分(時事通信)
近鉄子会社の元社員を逮捕 着服10億円超…FX投資に(産経新聞)
小沢氏に再聴取要請=石川議員ら3人も-陸山会規正法違反事件・東京地検(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なかいゆうぞうさん

Author:なかいゆうぞうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。